div#toc_container {width: 95%;}div#toc_container ul li {font-size: 18px;}

沸騰ブランド

冠婚葬祭や挨拶などではお金などを持参していくことになりますが、この金品の受け渡し方にもマナーがあることをご存知ですか?

 

基本的には受け渡しの中身を見られるわけですが、厳格に確認されるならば渡し方もしっかりとみられているもので、特に挨拶などでは気を付けたいものです。

 

ここでは、金品の渡し方についてのマナーを説明していきます。

【人気良品!】

マナーというとどうしても緊張してしまうわけですが、それほど気を構える必要はないでしょう。

 

というのも、あなたが持っていく側ですから多少マナーについて気になるような状況であっても、相手はもらう立場上何かしら悪い気がするということは少ないからです。

 

であるならば

絶賛販売中

の人気商品

の人気商品

の人気商品

の人気商品

の人気商品

の人気商品

の人気商品

の人気商品

の人気商品

、普通に渡せばいいのかといえば、せっかく持参してきたものをしっかりと見せることやあなたの品格も問われる状況もありますので、最低限守るべきものを守ればよいということになります。

金品の渡し方のマナーはこの3つを守ればOK!

基本的には金品の受け渡し方のマナーについては、次の3つを守るようにしてください。

 

  • 部屋に通されてから座る前に金品を渡す
  • ふろしきや紙袋など出してから渡す
  • 謙虚な一言を添えて渡す

 

金品をせっかく持ってきたので玄関で渡すような気もするわけですが、実際には部屋に通されてから渡すようにしてください。

 

座る前に渡すのですが、和室ならば座布団に座る前に渡すということですから、渡す都合上において座るのも座布団に座らないように気を付けてください。

 

ただ、例外として冷蔵が必要なものである場合には、玄関で渡すということもあります。

 

ふろしきなどの輸送用の包装については、出してから渡すというのが礼儀です。

 

ただ、最近は包装自体に価値があるようなケースもあり、一概に判断が難しいわけですが、特に輸送用であれば迷うことなく出してから渡すように心がけましょう。

 

一言添える定番は「つまらないものですが(お納めください)」という言葉ですが、他にも「お気に召すと思い持ってまいりました」というものもよいでしょう。

 

厳格なフォーマルであれば話は別ですが、少しくだけたお話しができる間柄であれば食品持参のときには、「食べる以外に全く役に立つものではないですが(お納めください)」というのもわりと好評です(笑)。

 

さて、次に具体的な金品によってどのように渡し方が変わってくるのかを見てみます。

 

金封の渡し方はさりげなく

金封を渡す定番といえば結婚式ですから、一言添えるならば「本日はご結婚おめでとうございます!」というところでしょう。

 

お礼などである場合には、あからさまに渡すと下品と思われることもありますので、さりげなく渡すのがマナーとなっています。

 

そのため、「つまらないものですが」というフレーズが良く使われるのですね。

 

なお、、品物と一緒に渡すとしたら、その品物の上に金封を置いて渡すと良いでしょう。

 

渡すときには文字などの方向を渡す側に向けて渡すということを忘れないようにしましょう。

 

品物の渡し方は少し複雑

金品を渡すときの3つのポイントでも書いたように、部屋に通されて袋から出してという手順のあとを説明します。

 

まず品物を自分の正面に置き、それから相手方向に向きをそろえて渡すという流れになります。

 

これは和室によるところですが、洋室などの場合には立ったままですから、そこまで厳格にすることはありません。

 

特に和室では日本文化の作法が試されるような状況になっているので注意しましょう。

 

金品の受け取り方について

合わせてみたい金品の受け取り方についてですが、こちらもポイントさえ押さえればそれほど面倒なことはありません。

 

まず、金品を渡されたら両手で受け取ります。

 

次に室内の一番高いところに置くようにしてください。

 

部屋を離れるときには、お礼を残したまま離れるのは失礼にあたるので持っていくようにしてください。

 

またプレゼントなどをその場で開封することは失礼にあたりますが、誕生日プレゼントや父母に対する贈り物であればその場で開封するほうが好ましい場面もあります。

 

このような状況で悩んでしまったときには、金品をもらった相手に確認すれば問題ありません。

最終的にはていねいに気持ちが伝わればよい

マナーというのは文化的なものであり、厳格に要求されるようなケースは確かにあります。

 

このときには、あなたの品格が求められるような状況になりますので、

格安通販!

,,,,,,,,,
、うかつにも失敗しないように気を付けるべきです。

 

ただ、ほとんどのケースでは多少マナーから逸脱するような状況でも問題にはならないでしょう。

 

例えば先ほどの金品を受け取ったときに中身を確認するということは、失礼に当たるだろうと思われる反面、むしろ開封しないことのほうが想定外である可能性もあります。

 

そのため、結局のところはマナーという基準はあっても気持ちが伝わることが第一であると考えています。

 

とはいっても知っていてやらないのとまったく知らないのでは話が違います。

 

金品の渡し方、また金品の受け取り方についてのマナーは厳格にこだわることは必要ないですが、知識としては知っておくことに越したことはありませんね。

 

以上、

【今が買い時!】

,,,,,,,,,

、あなたの生活にお役立てください。

関連記事

  1. 知らないことで困る!葬儀のお金に関するマナーについて
  2. 今さら聞けない!お祝いのときの袋の違いについて
PAGE TOP
{yahoojp}xt01-zzp05-wl-3883