人気&新作!

 

2015年12月11日


側方歯群交換期(混合歯列後期)[そくほうしぐんこうかんき(こんごうしれつこうき)]について

歯の咬合発育段階を示す、「ヘルマン(Hellman)の咬合発育段階」のひとつで、記号ではⅢBと記されます。
※「ヘルマン(Hellman)の咬合発育段階」は「ヘルマン(Hellman)の歯齢(dental age)」とも呼ばれます。
ヘルマンは咬合状態の各段階についてA(attained:達成、獲得)とC(commnenced:開始)の2段階にさらに分けているのが特徴ですが、Ⅲ期は唯一B(between A and C:AとCの中間)が設定されており、それがこの側方歯群交換期になります。
小児歯科の咬合発育段階としては第一大臼歯・前歯萌出完了期(混合歯列前期)の次の時期であり、側方歯群交換期がすぎますと、次は第二大臼歯萌出期(永久歯列期)へと移ります。

側方歯群交換期は上顎側切歯の萌出が完了する9歳ごろから、上顎あるいは下顎第二小臼歯の萌出が完了する11歳ごろまでの期間を指します。
リーウェイスペース(leeway space)(乳歯の側方歯群(乳犬歯、第一乳臼歯、第二乳臼歯)の歯冠近遠心幅径の総和と永久歯側方歯群(犬歯、第一小臼歯、第二小臼歯)の歯冠近遠心幅径の総和との差分、上顎で約1mm、下顎で約3mmであると言われている)により

  • ,
  • ,
  • ,
  • ,
  • 、、、スムーズに行われるようになっています。

    側方歯群の交換順序は多くの場合、上顎が4⇒3⇒5、下顎が3⇒4⇒5であり、第二乳臼歯が最後に脱落する順序が望ましいと言われています。

    側方歯群交換期(混合歯列後期)における注意点

    リーウェイスペースは側方歯群の交換をスムーズに行われるために利用されるものですが、リーウェイスペースを有効に利用するためには側方歯群の萌出順序が重要になってきます。

    公式オンラインストア


    リーウェイスペースは前歯と第一大臼歯に挟まれた近遠心的に限られたスペースですので、永久歯との交換がスムーズに行われないと歯列不正や咬合異常がおこりやすくなります。

    特に、リーウェイスペースのもととなる第二乳臼歯の早期脱落は不正咬合の原因になりやすいので、注意が必要です。
    第一大臼歯が正常に咬合するように維持することも重要です。

    また、側方歯群交換期においては下記の歯列の変化がおこる時期でもあります。

    • 歯列弓幅径の増大
    • 歯列弓長径の減少
    • 第二小臼歯から反対の第二小臼歯までの歯列弓周長(長さ)の減少

    「側方歯群交換期(混合歯列後期)」についての関連キーワード


    ★ SNSで最新お役立ち情報を受け取ろう

    Twitterアカウントをフォロー
    Follow @firstnavi_dh

    Facebookアカウントをフォロー

    Instagramアカウントをフォロー


    ★ ファーストナビは歯科衛生士のお仕事紹介実績No.1!


    登録して【ファーストナビ歯科衛生士限定】非公開求人を受け取る


    最新の用語情報一覧

    アタッチメント

    アタッチメントレベル

    ブリッジ(義歯)

    全部床義歯

    部分床義歯

    SRP

    TBI

    PMTC

    スケーリング

    プラークコントロール

    Copyright © All Rights Reserved. All Rights Reserved. (C)FirstConnect Inc. All Rights Reserved.
    歯科衛生士の求人・募集・転職支援サービスはファーストナビ

    {yahoojp}xt01-zzp05-wl-3654