2016人気急上昇

アノニマ・スタジオは「ごはんとくらし」をテーマに本づくりをする出版社です。

HOME > > エッセイ > 旅する八百屋

例:高山なおみ ごはん

※クリックで拡大します

  • ISBN-13:978-4-87758-736-9
  • 発売日: 2015/5/18

POPダウンロード

注目の

青果ミコト屋(鈴木鉄平、山代徹)
本体価格1600円(税別)
「おいしい」で人をつなぐ、
八百屋という仕事
自然栽培の野菜を中心に販売する青果ミコト屋の初エッセイ。八百屋をはじめたきっかけ、農家めぐりの旅や料理家との対談を収載。心地よく自然とともに生きるきっかけを野菜を通じて届けたいという熱い思いの詰まった一冊です。

編集者のおすすめポイント

自然栽培の生産現場で修業を積み、八百屋をはじめた青果ミコト屋。野菜を育てる農家と消費者の架け橋として、野菜や流通現場が直面する状況をつぶさに見つめ続けています。自分たちが普段口にしているものが、どうやって生まれ、どこからやってくるのか。どんな仕事でお金を稼ぎ、そのお金で何を食べるのか。野菜のこと、

,

. ,

、食べることを通じて、働き方や生き方についても問いかけるエッセイです。

著者略歴

青果ミコト屋(鈴木鉄平、山代徹)

青果ミコト屋は、鈴木鉄平、山代徹(とも1979年生まれ)の2人が立ち上げた小さな八百屋。自然栽培を中心とした旬のおいしいオーガニック野菜を取り扱う。〝ミコト屋号〟という古いキャンパーをベースに 、日本全国の農家さんを旅してまわり、生産現場に足を運ぶ。店舗をもたず、定期宅配と移動販売で全国各地で開かれるマルシェやイベントなどにも多数出店。場所さえあれば、全国どこにでも野菜を届ける。
www.micotoya.com

目次

1 旅のはじまり
何かもの足りない日々/きっかけは小さな「リンゴ」/農家への道/ぼくらが八百屋になったわけ/自分たちらしい八百屋のかたち/自然栽培の野菜とは?/自然栽培の野菜をスタンダードにするために

2 旅する八百屋
ぼくらが旅に出る理由/いざ、農家トリップヘ/旅を終えて

3 ミコト屋対談
with 料理人船山義規
with 料理家有元くるみ&IFNi roasting&co. 松葉正和
with MERCI BAKE 田代翔太& PERCH

4 これからのミコト屋
八百屋という仕事/八百屋の存在意義/ぼくたちの消費を変える/農薬を使うということ/消費が社会をつくる/これからのミコト屋

関連書籍

関連記事

{yahoojp}xt01-zzp05-wl-3863