熱い販売

« 安倍首相の「宣戦布告」 ‐無意味なぶら下がりは廃止 Facebookで情報発信へ‐ | トップページ | 産経新聞が示す「読売・産経 VS 朝日・毎日」の構図 ‐熱く議論せよ既存メディア 'To be, or not to be, that is the question'‐ »

2013年1月14日 (月)

熱い販売


(共同通信本社 写真はWikipediaより)

「旧来型の手法全開」(1段の半分の大見出し)、「族議員に官僚便乗」(4段の小見出し)。
これは1月11日に安倍内閣が緊急経済対策を閣議決定した翌日、1月12日付の、僕が現在在住している新潟県の県紙(発行エリアが一府県の全域にわたる新聞)・新潟日報が2面(総合)に掲げた見出しである。
この日の新潟日報は、一面では「60万人の雇用創出」と4段の見出しで、安倍内閣の緊急経済対策を客観的に報じながらも、「しかし国の借金である国債を5兆2千億円発行することになり、国の財政は一段と悪化する」と内閣批判も欠かさない。
そして2面においては、冒頭の見出し等の記事で「アベノミクス」に批判的なスタンスで一貫している。曰く、「財務省は、民主党の野田政権が敷いた財政再建路線を何とか維持しようと、当初は対策の規模拡大に抵抗する姿勢をみせたが、政治の大合唱を前に『最後は膝を屈した』(経済官僚)。財政の歯止めは吹き飛んだ」。「民主党政権は『コンクリートから人へ』を掲げ、子ども手当や高校無償化などを通じて、需要や雇用を生み出すことを目指した」。「民主党政権が減らした公共事業を復活させ、財政拡大路線にかじを切った緊急経済対策」…。
民主党政権による経済対策(そのようなものが存在したとすればの話だが)の効果を検証することなく、安倍内閣の経済対策を一方的に批判する姿勢は、もはや民主党の機関紙かと見紛うばかりだ。
それに対して僕は、「まぁ、地方紙は共同通信頼みですからね。私の地元の地方紙も同様です。そんなニュース興味ないのに…」と返信させていただいた。
また、伊坂ドン氏は「新潟日報はかなり左寄りですよ。今日の朝刊一面には『バラマキへの回帰』とありましたw社説でも新政権に冷ややかです」とツイートされており、「地方紙は共同通信のコピペですから、必然的にそうなりますよね」と僕の意見を伝えた。
彼らのように、地方紙の問題点を理解されている方が存在していることは、今後、共同の偏向を「追及」していくうえで、非常に心強い事実だといえる。
全国紙、あるいはキー局の「偏向」はほぼ全国民が「監視」できるので、ある程度「健全」な状態にあると言えるだろう。一方地方紙は、その地域の人にしか読まれず、かつ、共同の「支配下」にあるなどとは、多くの人は知らない。それ故、共同にコントロールされた地方紙の偏向を理解している皆さんは、今以上に声を上げる必要がある。
本ブログを読まれている知識のある方には分かりきったことかもしれないが、現在の日本におけるメディアの状況を知らずにおられる方に、少しでも現状を伝えるべく、「地方紙も偏向『させられている』」と主張することは極めて重要だ。
ただ、何の力もない僕一人では、なかなか世の中に真実を伝えきることはできない。それゆえ、全国の心ある皆さまに、共同による「地方支配」を少しでも多くの方に伝えていただき、それに囚われることなきよう啓蒙していただきたい。それは僕の考えを押し付けようという意図ではなく、事実を知ったうえで、自分がどう考えるのか判断する材料を持っていただきたいという観点からのお願いである。日本国の健全な民主主義発展のため、どうぞ宜しくお願い致します。

↓ワンクリックでご声援いただければ幸いです。


« 安倍首相の「宣戦布告」 ‐無意味なぶら下がりは廃止 Facebookで情報発信へ‐ | トップページ | 産経新聞が示す「読売・産経 VS 朝日・毎日」の構図 ‐熱く議論せよ既存メディア 'To be, or not to be, that is the question'‐ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

なに言うとりまんねん!さん、こんばんは。

確かに良い意味でも悪い意味でも、日本は細かいですね。電車が数分遅れた程度で文句を言う人など、海外にはいませんしね。

イギリスの田舎での話なのですが、当然のごとく電車は時間通りには来ません。しばらく経って、「20分遅れます」とのアナウンス。それでも電車は来ません。再度、「更に20分ほど遅れます」とのアナウンス。しかし全然電車は来ません。最後には、「出来る限り早く到着できるよう努力しています」とのアナウンス(笑)。東京でこんなことが起こったら、サラリーマンたちが大激怒でしょうね。

僕は仕事で海外に赴任したことがないので、なに言うとりまんねん!さんのご苦労は想像することしかできませんが、ずっと日本にいても、現状を変えたくない奴、物事を先送りしたい奴で溢れていますからね、日本の会社組織は。

悩みは尽きないでしょうが、頑張れ日本男児!日本の空の下から応援しております。

Mich様 はじめまして、はじめての訪問&コメントさせていただきます。

実は、

、、、、、。、、、、、、。、、、!

、、、、、。、、、、、。、、、!

、日本ブログ村の大和魂 11 トーナメントで、貴殿に破れ去った「なに言うとりまんねん!」でございます。
http://politics.blogmura.com/tmt_rankall4409.html

貴殿の報道に関する記事には、感服いたしました。

当方、中国からみた、報道に関するブログも書いています。
ただし、脳みそがどろどろですので内容も柔らかい記事と成っています。

一期一会、なにかのご縁で御座います。これからもよろしく御願い致します。
 

元ネタである共同通信の記事がまずもって偏向しているという事は理解しました。しかし、新潟日報に関して指摘させてもらうと、日々の読者投稿欄を使って相当の左翼思想を代弁させています。また、地元にそれを抱えているとはいえ、元日の一面が原発関連の記事でした…そう考えると共同通信の記事のみならず、新潟日報自らもそういうイデオロギーなのだと考えざるを得ません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1766628/48737935

この記事へのトラックバック一覧です: 地方紙で垂れ流される「左翼思想」 ‐偏向・共同通信の恐るべき地方支配‐:

« 安倍首相の「宣戦布告」 ‐無意味なぶら下がりは廃止 Facebookで情報発信へ‐ | トップページ | 産経新聞が示す「読売・産経 VS 朝日・毎日」の構図 ‐熱く議論せよ既存メディア 'To be, or not to be, that is the question'‐ »

最近のトラックバック

著作権

  • Copyright © All Rights Reserved. All Rights Reserved. © 2012-2013 Mich Maruyama All Rights Reserved.
{yahoojp}xt01-zzp05-wl-3236